木多崇将「感情レボリューション」の【全21話の詳細】

感情をコントロールしようとしてはいけない!?

「感情レボリューション」は、2009年発売以来大ヒットを続けている「人に好かれる会話術」を開発した会話コンサルタント、木多崇将さんが新たに公開した感情の悩みを解決するプログラムです。

 

感情はコントロールするのではなく、道具として活用する!?
一体どういうことなのでしょうか?

 

感情レボリューション,木多崇将,解決,やり方,口コミ,怒り,恐怖,不安,憂うつ,劣等感

 

 

もし、あなたが現在、感情のことで悩み、これまで色々試してみても解決していない場合は、重要な内容をお知らせしています。

 

感情レボリューション,木多崇将,解決,やり方,口コミ,怒り,恐怖,不安,憂うつ,劣等感

 

 

感情レボリューション,木多崇将,解決,やり方,口コミ,怒り,恐怖,不安,憂うつ,劣等感

  「感情レボリューション」レビュー

  - 当サイトの目次 -
  1.感情をコントロールしようとしてはいけない!?
  2.商品の開発者
  3.「感情レボリューション」のセット内容
  4.教材のポイント  
  5.教材の詳細
  6.教材の不満な点
  7.「感情レボリューション」の感想と評価

 

 

木多崇将さんからあなたへの質問です。あなたは・・・

 

・ 日常の些細なことで、ついついイライラしてしまう

 

・ 会社の同僚と自分を比較して劣等感を感じる

 

・ 他人の車のマナーにイライラしてしまう

 

・ 人と話すときに「嫌われたらどうしよう」と一歩が踏み出せない

 

・ 自分の老後、経済面を考えると不安でしょうがない

 

・ 満員電車の中の他人の行動にイラつく

 

・ 夫(妻)と言い争いばかりしている

 

・ 会社に不満があるけど、生活のためにやめることができない

 

・ ランチを注文して料理が遅いとイライラする

 

・ 歩道が混んでいると、ゆっくり歩いている人を見てイライラする

 

 

感情レボリューション,木多崇将,解決,やり方,口コミ,怒り,恐怖,不安,憂うつ,劣等感

こんな感情になるたびに、「こんな小さなことでイライラするなんて自分は器が小さい。」と思い、「こんな気持ちは捨てて、もっとおおらかに楽しく過ごさなくては・・・」とネガティブな部分を無理矢理とりのぞいているかもしれませんね。

 

「感情レボリューション」を開発した木多崇将さんは、怒り、恐怖、不安、憂うつ、劣等感などのネガティブ感情をコントロールしようとすると、逆に、ネガティブ感情に苦しめられるといいます。

 

だから、ネガティブ感情から解放されて、毎日をリラックスして生きられるようになるためには、「感情をコントロールするのではなく、道具として活用する!」必要がある。
そう言われると、あなたは生まれつきの性格とか、能力とか、親の教育とかでは?と思うかもしれませんが、全く関係ないといいます。

 

たとえば、感情を車に例えてみましょう。

 

車は誰でも運転できます(一旦、免許のことは忘れてください)が、暴走するとコントロールが効かなくなります。しかし、訓練を受けたドライバーはテクニックを駆使して、巧みにコントロールして、車を元通りに走らせることができます。

 

このテクニックを身につけようというのが『感情レボリューション』です。

 

 

もし、あなたが自分の感情をうまく活用できて、
5ヶ月後には、1ランク上の自分になれるとしたら・・・

 

 

当サイトでは、木多崇将さん開発『感情レボリューション』全21話(1200ページ)全てに目を通しながら、随時レビューしていきます。もし、怒り、恐怖、不安、憂うつ、劣等感、後悔、嫉妬・・・などの感情をどうにかしたいとお考えならば、参考になさってみてください。

 

↓さまざまな感情を自由に使いこなし幸せを引き寄せるノウハウ↓
木多崇将さん開発『感情レボリューション』の全内容

商品の開発者

感情レボリューション,木多崇将,解決,やり方,口コミ,怒り,恐怖,不安,憂うつ,劣等感

木多 崇将 プロフィール

 

株式会社アトラクティブという会社を経営されています。大阪から石川へ引っ越しをしてまで師と仰ぐ会話の達人に弟子入りし、3年かけてノウハウを身につけられました。

 

2009年に会話コンサルタントとしてキャリアをスタートさせ、以来、コミュニケーション、心理学、脳科学、マーケーティング、コピーライティングなど、コツコツと勉強を続け、現在も活動スタイルは変わっていません。

 

会話コンサルタントとは、文字通り、会話とか、コミュニケーションで悩んでいる人にアドバイスをする仕事です。これまでにコミュニエーションについてアドバイスするための教材「人に好かれる会話術」「精神的な弱さを改善する方法」「人を笑わせる会話術」などを販売し、どのプログラムとも今もトップセールスを記録しています。

 

教材が好調な理由は、プログラムの内容だけでなくアフタフォーローにあるといっても過言ではなく、スカイプで相談にのったり、メールで相談の場合でも、遅くても2日以内に返信という迅速な対応にも定評があります。

「感情レボリューション」の特徴とセット内容

■特徴

・ 教材を通じて多くの悩む方にアドバイスしてきた、生の経験実績が豊富。

 

・ 毎週1話、全21話のPDFテキスト配信でカリキュラムされている。

 

・ 1話40~80ページ程度で、モチベーションがキープできる。

 

・ 1~4話(30日間)までは無料で試せる新しいスタイルのプログラム

 

・ 毎週宿題(提出義務はなし)が出て、木多さん本人のアドバイスがもらえる。

 

■ 本編

 

【全4章】
第1章:そもそも感情って何?
第2章:代表的なネガティブ感情の目的、役割とは?
第3章:感情を上手に活用するために必要な知識 アクション編、マインド編
第4章:5つのネガティブな感情の具体的な活用法について

 

ダウンロード形式のPDFテキスト(1話40~80ページ)を毎週配信
期間 21週間=5か月間(トータル1200ページ)

 

感情レボリューション,木多崇将,解決,やり方,口コミ,怒り,恐怖,不安,憂うつ,劣等感

 

■ 特典
特典1:回数無制限のメール相談権(5ヶ月間)
特典2:やる気レボリューション【PDFレポート37ページ】
特典3:自分らしさを見つける方法【PDFレポート29ページ】
特典4:木多崇将のおすすめ本リスト

 

スペシャル特典:先着100名に「悲しみの感情の目的、活用法のコンテンツ」

 

・ 全額返金保証
感情レボリューションのすべてのコンテンツを5ヶ月丸々受講をした後でも返金OK(365日以内)

 

自分の感情の理由がわかるからこそ、対処法も明らかになるのです!

 

感情レボリューション,木多崇将,解決,やり方,口コミ,怒り,恐怖,不安,憂うつ,劣等感

 

 

教材のポイント

・ 感情を道具として活用するということは、自分の強味と弱味を把握すること。

 

・ 自分の感情が操作できれば、自信に溢れたオープンな人柄になれる。

 

・ 感情をコントロールするためのテクニックや、思考法、気分転換術について具体的に宿題が出る。

 

・ 宿題を提出して、木多さん本人からアドバイスもらえるのが貴重

 

「感情レボリューション」を一言で表すならば、感情をコントロールするために、”ネガティブ感情を一旦受け止めて、自分の力にする具体的なテクニックを学ぶ”ということになると思います。

 

この”具体的”にというのが教材の最大のポイントです。

 

感情の専門書や心理療法を勉強した人ならばおわかりなると思いますが、「実はネガティブ感情は私たちの味方」ということが書かれていても、「じゃあ、具体的にどうすればいいの?」というワーキングについては乏しいか、個人レベルでは実践できないむずかしい内容しかないという問題があります。

 

教材を開発した木多崇将さんは、会話コンサルトとして販売している「人に好かれる会話術」をはじめとして4つの教材は今も好評です。「会話コンサルタントが悩みの解決や感情のコントロール?」という疑問を持たれるのは当然ですが、木多さんはメールやスカイプでアフターフォローをしているため、多くの悩む方の生の声を聞いてアドバイスし、解決してきています。その経験と自身の研究でまとめられている「感情レボリューション」は、今の自分の心の問題を解決してくれる可能性が高いと感じました。

 

その究極ともいえるのが、ポイントの最後に紹介した『宿題』です。

 

それぞれの回の最後には必ず出題されます。もちろん、提出義務はありませんが、毎回提出することで今までの自分の方向性を冷静に見つめることができますし、木多さんのアドバイスをもらうことで、自己の改革(=レボリューション)のスピードが早くなると考えられます。

 

感情レボリューション,木多崇将,解決,やり方,口コミ,怒り,恐怖,不安,憂うつ,劣等感

 

つまり、専門のアドバイザーを雇っていることと同じことになります。

次のコーナーでは、詳しい内容をレビューしていきます。

教材のやり方

セット内容でもご紹介しましたが、「感情レボリューション」は、全21話で構成されています。毎週土曜日朝6時に配信されますので、ネットができる環境であることが必要です。

 

カリキュラムの内容は全4章で構成されていて、1章で1ヶ月といったイメージなのですが、3章だけがボリュームがあるため2ヶ月かけて学んでいきます。

 

第1章:そもそも感情って何?

 

たしかに、私たちは”楽しい、うれしい”というポジティブな感情から、”辛い、怒り”といったようなネガティブな感情をこれだけ毎日頻繁に感じているのに、ほとんど無知の状態で生活しています。大学などで専門分野で勉強しない限りは、親からも学校の授業でも、「感情」について教えてもらったことも学んだこともありませんよね。

 

そこで「感情って何?」を学びます。

 

とくに、この教材で道具として使ってほしいと考えているのが、ネガティブな感情です。ネガティブな感情をコントロールすることが成功の秘訣なのですが、ここで最大のポイントは、”コントロール=抑え込む”ことではないということ。

 

私たちはネガティブ感情をコントロールするといわれると、抑え込むといったイメージを持ちませんか?このページの上の方でもご紹介しましたが、車だと”コントロール=操る”というイメージですよね。

 

そこを目指しているので、操るものの正体を知っておこうというのが第1章全4話です。

 

第2章:代表的なネガティブ感情の目的、役割とは?

 

いよいよ実践2ヶ月目です。この章は、

 

1: 怒り(イライラ)
2: 恐怖(対人恐怖症、各種恐怖症)
3: 不安(不安障害、パニック障害、強迫性障害など)
4: 憂うつ(気分の落ち込み、抑うつ、うつ病)
5: 劣等感(自分に自信がない)

 

の5つのネガティブな感情にスポットを当てて解説されています。

 

実は、木多さんのリサーチではこの5つの感情で悩んでいる方が多かったようです。そして、これらの感情は、実は私たちに大きなエネルギーを与えてくれるために湧おこっていることを解説してくれます。

 

各回を少しだけお見せすると、「第5話 怒りの5つの効果」「第6話 ネガティブ感情は味方」「第7話 ネガティブ感情の役割」「第8話 ポジティブ感情活用法」のタイトルが付けられています。

 

第7話ぐらいからは、ポジティブな感情もなぜ発生するのかの説明も展開されます。

 

木多さんは本来、人間にプラスに作用するはずの好奇心、好き、喜び、楽しい、満足、期待、希望、愛、共感などのポジティブな感情ですら間違って使っているため、怒りや恐怖に変えて生活してしまっているといいます。教材の中でも触れられているのですが、子どもを愛するあまりに学校にクレームをつけるモンスターペアレンツなどはまさにその典型です。

 

このサイトでは、たびたび車の操縦に例えていますが、本人は前進しているつもりで周りから見ればバックしているのと同じです。こうならないための理論的な部分を解説してくれる全4話です。

 

第3章:感情を上手に活用するために必要な知識 アクション編、マインド編

 

この章は合計8話で構成されていて、2ヶ月かけて実践します。今まで感情のメカニズムや活用の仕方の”知識”を学んだので、この回からは具体的なワークといったイメージです。

 

「もし、△△しているのならば、〇〇するようにしてください。なぜならば□□だから。」と具体的な提案をしてもらえます。そして、日頃の生活の中で少しずつ実践していきます。

 

人生がうまくいない人は失敗する思考パターンと行動パターンを持っているのですね。能力とか、才能がないとかよりも、間違ったパターンを持っていることが成功できない大きな原因なのです。

 

その内容をイメージしていただくためには、宿題を見ていただいたほうがわかりやすいと思います。ただし、内容については抵触しますのでご容赦ください。

 

感情レボリューション,木多崇将,コミュニケーション,会話術,解決,やり方,口コミ,怒り,恐怖,不安,憂うつ,劣等感

 

このシステムがまさに「感情レボリューション」の特徴で、一般的な書籍で知識を仕入れるだけでないことが、おわかりいただけると思います。
仮にあなたが何かの方法で「感情」について学んだとしても、それを自分の人生を豊かにするために、どのように活用すればいいかがわかるようになるまでは、時間が必要ではないでしょうか。

 

遠回りをしないで、短期間で感情をコントロールが出来るようになることを目指すアクション編とマインド編の全8話です。

 

第4章:5つのネガティブな感情の具体的な活用法について

 

第17話~21話までが第4章となります。約4ヶ月間で、感情についての知らなかったメカニズムを学び、間違った認識を取り払い、具体的な練習もしてきました。

 

「第4章では他に何するの?」と思われるかもしれませんが、やっと感情(=車)を操れるベースができたわけです。この章では、さらにテクニックを磨いて感情の知識を総動員して、怒り、恐怖、不安、憂うつ、劣等感、この5つのネガティブな感情を活用できる達人になるというイメージです。

 

実践することも、例えば、「ステップ1で〇〇をする。ステップ2で〇〇をする。ステップ3で〇〇をすれば不安を解消して・・・」とか「毎日、朝起きてすぐに、◯◯という行為を・・・」というように 、より実践的になってきます。

 

これらは、あなたが蓄積した感情のコントロール術のスイッチをを、自分が思ったときに簡単にいれれるように訓練する章だと感じました。

 

少し難しく感じたりやわからないことがあったら何回でも相談メールで質問してみることをオススメします。

 

 

↓さまざまな感情を自由に使いこなし幸せを引き寄せるノウハウ↓
木多崇将さん開発『感情レボリューション』の全内容

教材の不満な点

・ 特に内容で不満点は感じなかったのですが、回数無制限のメール相談権が5ヶ月間という期間をもう少し伸ばしてほしいと感じました。理由は、実践期間が終わった後に、自分では解決法の見つからない問題点が浮上する場合があるかもしれません。

 

ですから、期間を伸ばすのが難しい場合は、サポートが終わってから数回だけは無料、それ以降は原則として有料のような形があると嬉しい人もいるのではないでしょうか?

「感情レボリューション」の感想と評価

感情レボリューション,木多崇将,コミュニケーション,会話術,解決,やり方,口コミ,怒り,恐怖,不安,憂うつ,劣等感

 

私たちは毎日、怒りや不安、イライラといったようなネガティブな感情に揺れ動く生き物です。そして、たいていの場合はその気持ちを他人に悟られないように”抑え込もう”としたり”無くそう”としたりします。

 

しかし、感情をうまくコントロールする(=操る)ことと、抑え込むことは全く別で、本当にコントロールするためには、感情を道具として使えるようになることが必要だと開発者の木多崇将さんはいいます。

 

たとえとして適切かどうかは別として、ラリードライバーがどんな路面状況でも車をコントロールするように、私たちは感情をうまく操れるようになる必要があるのですね。

 

車が操れるようになるためには、いろいろな路面にはどんな特性があるのか、また、無事通り抜けるためにはハンドル、アクセル、ブレーキ、車の構造などを学んで動かし方の基本を知る必要があります。

 

さらに、学科だけでなく実地トレーニングをすることで、さまざまなテクニックが身に付きます。しかも、助手席にコーチがいれば間違ったやり方をすることもなく、習得できるスピードもアップします。

 

「感情レボリューション」は、どんな感情(=さまざまな路面)でも操れるように具体的なワークから学べる教材で、本当に困ったときには適切な方向にアドバイスしてくれるコーチが、木多将孝さんの回数無制限のメール相談権と言い換えることができるのではないでしょうか。

 

あなたは今、自分のネガティブな気持ちをいったいどうすれば解放できるのかを悩んでいるのではありませんか?また、間違ったやり方で苦しんでいませんか?

 

そんな自分自身で決めつけてしまっている自分のイメージを段階的に取り除いていってくれる「感情レボリューション」のノウハウは、どんな人でもわかりやすく受け入れられやすいと感じています。

 

 

管理人は、この教材で「自分の強みと弱みを知ったため、気持ちの変化を自分で好きになれる。」ようになったと感じています。そのため、結果的には「失敗を引きずらない自分」に変化していっているため、以前よりもさまざまなものに取り組む意欲が無理なく湧き上がってきて、「自分なら大丈夫。できる!」といった、なんとも言えない力強い感情に満たされています。

 

自分の感情をうまくコントロールすることができるかどうかを示す数値を「心の知能指数」といいますが、その数値が確実に上がっていることは実感できています。この感覚をうまく表現できる言葉が見つからないのですが、気がつかないうちにやる気と体が同調しているような感覚です。

 

 

感情をコントロールするというと、イライラ、クヨクヨ、ムシャクシャ、メソメソを無くすと考えがちですが、この教材を学んでいくと、これらの気持ちは何らかの理由があるから湧きだしていて、ちゃんと具体的な対処方法があることを知ることができます。

 

その方法を知るということは、人生というこれからの期間とあなた自身を豊かにしてくれるのではないでしょうか。

 

宿題提出⇒アドバイスは、あなたの強力なツールになります。

 

感情レボリューション,木多崇将,解決,やり方,口コミ,怒り,恐怖,不安,憂うつ,劣等感